« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.12

FCCコールサイン決定

ついにFCCのAmateur LicenseのCall signが、ULSのDBに載りました。

”AF6UQ”

試験を受けたのが先週の土曜日なので、1週間かかってない。
日本のお役所もこの迅速な処理を見習って欲しいものです。
もうVanity Callを申請してもいいでしょうかねえ?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.06

One Day Extra 達成!

名古屋でFCCのアマチュア無線ライセンス試験を受けてきました。

名古屋VEチームの皆様、大変お世話になりました。

正月休みに思い立ち、1ヶ月の勉強でどこまでできるか、とにかくチャレンジすべしということで、Ham Test Onlineに登録して勉強を始めました。http://www.hamtestonline.com/study.jsp

これは大変よくできたサイトで、間違えた問題は、タイミングを計って何度も出てくるので、記憶の定着に役立ちます。また正解率がユーザー間ランキングに反映されるので、モチベーションの維持にも役立ちます。TOP10と、自分のランキング近辺のユーザの状況が見えるので、はじめは10,000番台だったのが、3桁、2桁番台になってくるとぜったいTOP10に入ってやる!と妙に競争意識が燃えるのが良いです(^^; ちなみに受験当日の朝のランキングは8位でした。書籍は買わず、QUESTION POOLのコピーもほとんど使いませんでした。とにかく暇さえあればネットブックでHam Test Onlineにアクセス。出題される問題に解答しまくっているうち、選択枝を見ただけで正答が選べるものも増えました。ある意味勉強としては邪道ですが...。

英文自体はそれほど難しくないですが、知らない単語を調べるのに時間がかかるので、キングソフト辞書など、単語にカーソルを置くだけで訳が出るアプリをインストールして、勉強の効率アップをはかりました。

思いがけず、ナビトラ&APRSの師匠の中山さんと会場前ロビーで遭遇。EXTRA一発合格され、早々に引き上げていかれたので、自分もがんばらねばと、いつになく気合が入りました。
4エレメントで2問迷った以外は、ほぼ反射的に解答でき、電卓が必要になる問題はほとんど無く、”FCC”以外の正答で、アメリカにしか当てはまらない問題も無かったと思います。試験時間に制限がないので、終わったら手を上げて採点をお願いして合否の判定を待ちます。VEの方々が試験会場の前の方で採点してくれるのですが、ウソーとかスゲーとかつぶやく声が聞こえていたので、各エレメントともかなりの手ごたえを感じていました。

Csce_020610_2そんなこんなで、結果は、全エレメントでストレート合格でした(^^V。

13:00試験開始から、15:00ごろにCSCEにサインして終了。
合格の場合、正答数は教えられないということでしたが、全エレメント中、間違いは1問だけで、ほぼパーフェクトですよと帰り際にこっそり教えてくれました。帰りの高速バスを待つ間に、迷った2問の解答を確認してみましたが、どちらも正解していました。どこを間違えたんだろう?意外とエレメント2だったりするかも(^^;

コールサインの発行が待ち遠しいです。VANITY CALLなるものの申請方法も調べねば。

とにかく、お勉強は、短期集中で効率良くがキモですね。この年齢になって学生時代よりも勉強している気がする...。

次は、何に挑戦しようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »